ホーム > オフィスデザイン > プロジェクトフロー

オフィスデザイン

OFFICE DESIGN

プロジェクトフローProject Flow

人の行動が空間に溶け込む、
そんな快適を超えた満足をご提供します。

企業にとって、大切な経営資産である、オフィスの移転・リニューアルは、大きな決断が必要となり、重要な企業戦略の一つでもあります。 また、働く人にとって心地よいオフィスづくりの実現は、モチベーションアップにもつながり、ブランディング効果も注目されています。 OMSは、「オフィスをデザインする」から発進し、人に優しいオフィスづくりの初期計画から、ご入居・リニューアル後のアフターフォローまで、責任を持ってお手伝いいたします。

プロジェクトの流れ

1. 初期計画

オフィス移転を計画する際は、まず移転にあたっての基本構想を立てることが必要です。
また、現状オフィスの運用状況、組織構成等、綿密な現状把握をした上で、計画実施のスタートラインに立つことが非常に重要となります。
OMSでは、お客様のご要望や移転プロジェクトに対する大切な思いを共有させていただき、それぞれのお客様にとってのベストオフィスを実現すべく、まず現状オフィス調査、お客様へのヒアリングをさせていただきます。

企画・立案

・予算計画
・社内体制の調節・・プロジェクト完了目標の設定
・マスタースケジュールの作成
・社内アンケートの実施

2. プランニング

1の計画でふくらんだ理想のオフィスイメージを元に、ゴール(完成日、入居日)を設定します。次に、具体的にどのような工事が発生し、何を決めていかなければならないのかといった必要な情報をピックアップしていきます。移転プロジェクトに対しての希望要素、不安要素などをプロジェクトメンバーであらためてピックアップしておくと、その後のフローがよりスムーズになります。OMSプロジェクトリーダーが、お客様と一緒に理想のオフィスを描きながら、丁寧、かつスピーディにサポートいたします。全体工程に加え、予算・デザイン・使い勝手の良さ(動線、エリア分け等、諸項目)についてのベストバランスプランをご提案いたします。

  • 現状調査

    ・躯体図/什器実測
    ・電源、情報環境調査
    ・部署保有物。書類量調査
  • オフィス基本設計

    ・ゾーニング計画
    ・レイアウト
    ・内装デザイン
  • 社内調整

    ・各工事の最終調整
    ・工程最終確認
    ・予算の確認、承認、発注
  • オフィス実施計画

    ・建築計画・防災計画
    ・情報計画・空調計画
  • 工事調整

    ・コストリダクション
    ・工事工程調整

3. リードタイム

2のプランニングに基づいて具体的な日程計画を実施します。
いよいよ具体的な移転プロジェクトが動き出します。お客様と私たちOMSとの協調体制のもと、ゴールをイメージし工程を構築していきます。

  • 各種手配

    ・新規什器・備品
    ・間仕切り
    ・TEL・LAN
    ・電源・コンセント
  • プラン最終調整

    ・最終ヒアリング
    ・プラン修正
    ・各種調整

4. コンストラクションムービング

3のリードタイムを経て、移転(改修)工事プロジェクトが動き始めます。
イメージが具体化する、ときめきの瞬間を実感してください。もちろん全ての工程管理はOMSが責任を持ってリードさせていただきます。お客様はゆったりとイメージが現実へと変わりゆく様を楽しんでください。全ての工事が完了したら、お客様に満足いただけるよう、最終チェックを万全の体制で実施いたします。各種の届出での確認、工事完了箇所の最終チェック等々細かに検収していきます。そしてお引渡しの瞬間を迎えます。

  • 現場監理

    ・現場管理
    ・安全管理
    ・セキュリティ監理
  • プラン最終調整

    ・工事後自主検査
    ・消防検査
    ・ビル検査

5. アフターフォロー

プロジェクトの完了、お引渡しの瞬間から、本当の意味でのお客様とOMSとのお付き合いが始まります。
オフィス移転で培った信頼関係を、今後に生かして、お付き合いをさせていただきます。お客様とのさまざまなコミュニケーションの中から生まれてくる新しい発想を大切にし、引き続き、日々のご要望や理想のオフィスを形に変えるお手伝いをし、更なる快適空間を創造致します。

メンテナンス

・最終図面、書類提出
・故障、修理などへの対応
・人員変更による調整
ページトップへ