ホーム > ソリューション > オフィススペースの有効活用

ソリューション

SOLUTION

CASE 1オフィススペースの有効活用

オフィスに分散する資料や資産を統合・スリム化し、ムダなスペースを焙り出します。
テナントスペースとして返却が可能か、そうでなければミーティングスペース、リフレッシュコーナー等に転用することで有効活用します。

導入前の悩み

社員一人一人が、各々書類を作成し所持してしまうため、同じ資料がいくつも分散した状態で保管されている。
社員数に比べ什器の数が多く感じられる。

OMSの改善提案

オフィス内の文書を整理することで新たなスペースを作りだし、ミーティングコーナーやリフレッシュコーナーを設けることができます。
ファイリング規定を策定し運用して行くことで文書の共有化が計れ、業務自体もスマートになります。

導入サービス

オフィスデザイン オフィスプランニング
文書管理 オフィスプランニング
文書保管サービス
文書電子化サービス

導入後の成果

社内の文書管理ルールが制定され、キャビネットに余裕ができた。
レイアウトを変更し、上席の横に面談スペースを各々設置した。
オフィス内の動線が短くなった。

ページトップへ