ホーム > スタッフブログ > リフレッシュスペース

スタッフブログ

staff_blog

リフレッシュスペース

OMSでは月に2回出現するリフレッシュスペースがあります。
月に2回、会議室がマッサージルームに大変身してしまうのです。
弊社では福利厚生として【手がたり】による出張オフィスマッサージを活用しており、限られた空間の有効活用や
オフィスの効率化
を図っています。


【手がたり】とは、手によるコミュニケーション方法で「手で語る」から由来した名称の会社です。
出張マッサージの良いところは、常用でマッサージ師さんを雇うほど、社員数が多いわけではないとか、
バリアフリーに配慮した環境が整っていないとか、設備投資にはこの社会情勢の中、踏み切れない等の
問題点を全てクリアしている点です。マッサージの力は体を癒すだけでなく、脳の血行がよくなることから
うつ病などのメンタルケアにも効果があるそうです。
私の場合は会話が弾みすぎて、あっという間にマッサージの時間が終わってしまうのですが・・・。
先日のマッサージでも、仕事以外の悩みをポロっとこぼしてしまうほど、気さくな関係が築けています。
ちょっとした体の変化を指先で感じ取り、的確にアドバイスしてくれるので、
体だけでなく心も癒され、これぞリフレッシュルームと呼ぶに一番ふさわしい空間だと毎回叫びたくなります。
リフレッシュスペースというと給茶コーナーであったり、ミーティングスペースであったり、仮眠スペースであったりと様々な用途の総称となっていますが、一番重要なのは社員同士のコミュニケーションの場にすること
だと思います。
OMSではレイアウト変更や移転の際のオフィスデザインを依頼された際、リフレッシュスペースに人が集まる仕掛けを設け、内装の色調を安心感のある暖色にして落ち着いた雰囲気にするなどして、社内コミュニケーションの活性化につながる場を提案しています。
先日の打ち合わせでのエピソードを少しお話します。
Aさん「うちの事務所はスペースに余裕がないから、リフレッシュスペースなど贅沢な話ですよ。」
私「弊社の文書保管サービスをご利用になれば、可能かもしれません。」
Aさん「どうして文書保管サービスを利用するとリフレッシュスペースが可能になるのですか」
私「現状図面を色分けしていくと、キャビネット等の文書保管什器占有面積が借りている専有面積の25パーセント位占めているのが分かります。」
Aさん「本当ですね、通路にも余裕がない状況ですからね。」
私「活用頻度の低い文書を外部倉庫に保管することでキャビネット等の占有面積が半分以下で済みます。
  空いたスペースをリフレッシュスペースやミーティングスペースに変更することが可能になります。」
Aさん「なるほど、OMSさんの強みは文書保管サービスと併せてオフィスデザインができるところですね。」
私自身が、弊社の強みを実感した瞬間でもありました。
皆さん、現在借りている空間でも諦めないでください。リフレッシュスペースを新設することで
ワークスタイルを劇的に変貌させることが可能です。
心身のゆとりと社員同士の円滑なコミュニケーションが、良い仕事へと繋がっていきます。
オフィスの効率化とオフィスの活性化に繋がるご提案ができるのが私の喜びです。
リフレッシュスペースにご関心のある方はこちらまでお問合せ下さい。
大手には出来ない心のこもったサービスで、お客様に喜んでいただけたら幸いです。
M.T(営業1部)

お気軽にご相談
お問合わせください

0334346451

0334346451

受付時間:平日9~17時

メールでお問い合わせ
  • スタッフブログ Staff Blog
ページトップへ