スタッフブログ

staff_blog

BYOD

スマートフォンやタブレット端末、ノートPCなど個人所有のモバイルデバイスを
オフィスに持ち込み業務に活用しようとするBYOD(Bring Your Own Device)といわれる潮流があります。
会社側からみれば機器を調達貸与する必要がなくなりコスト削減をはかることができ、社員側としては使い慣れた端末を使用することで効率的な業務推進、生産性の向上が期待できるとされています。


従来からノートPCやタブレット端末は個人所有のものを使いたいという人は少なからずいるでしょう。右手に会社貸与のタブレット端末、左手には個人のスマートフォンと機器を二重に持ち歩くのは負担だからということもあるかもしれません。あるいは性能が陳腐化した会社貸与のノートPCでは仕事がはかどらないから、というのもよくある話しです。
個人所有のデバイスを持ち込むことにはウイルス防御をはじめ不正アクセス、情報漏えい等セキュリティ面での問題があり会社側としてはノーとしてきました。
しかし昨今、モバイル端末を一元的に管理できるMDM(モバイルデバイス管理)ツールとよばれるツールが発展し技術面の問題の解消がはかられています。運用面の規定やガイドラインを整備することで安全性、効率性は高まるものと考えられます。
個人所有のデバイスを業務で使用した場合の通信費についても番号を別にするなどの個人負担にならないような仕組みも提案されています。BYODの敷居は下がってきているといえるでしょう。むしろ会社がノーとしているにもかかわらず業務の必要に迫られて仕事のメールを個人所有のスマートフォンに転送したり文書データをコピーして持ち出す「シャドーIT」のほうが危険です。
このような観点からBYODはメリットやデメリットが議論されるところではありますがぜひメリットを活かして普及が進むことを期待しています。これはその本質が「手になじむ道具を使って良い仕事をしたい」というひとつのプロフェッショナリズムにあるように思うからです。
価格が高くても自ら選んだ良い道具を購入して手を入れながら自分のクセが出るまで使い込んでいく、これはそれがノートPCであったとしても作家の万年筆や板前の包丁と同じことと思います。自分で選んだものでなければ仕事にならない。このプロフェッショナリズムは延いては組織のあり方の変革にもつながっていくでしょう。個と個のゆるやかで有機的な連携、たとえばプロジェクトごとに人が集散する組織、ひとつのトポロジーに固定されない組織、これらをサポートする柔軟なワークプレイス、オフィスの意味も変わってくる、考えると楽しくなってきます。
s-w-1994.jpg
※写真は筆者個人所有の名機 GATEWAY2000 P5-90
高額でしたが平行輸入で購入したものを中身を入れ替え20年、今も使い続けています。

お気軽にご相談
お問合わせください

0334346451

0334346451

受付時間:平日9~17時

メールでお問い合わせ
  • スタッフブログ Staff Blog
ページトップへ