ホーム > スタッフブログ > ★私のワークライフバランス★

スタッフブログ

staff_blog

★私のワークライフバランス★

最近めっきり秋めいてきましたね。
外回りの営業をしていても、だいぶ風が心地よくなってきました。


突然ですが、私は残業が嫌いです。
好んで残業する人はいないと思いますが・・・(笑)
なるべく早く仕事を終わらせて、趣味や家族や友人との時間を大切にしていきたいと考えている人間です。
早く退社する為、私が昼休みも忘れ仕事に集中してしまう日があります。
趣味でやっている空手の稽古の日です。
趣味の領域を超え、もはやライフワーク(私の生活に欠かせないもの)となっていますが・・・。
その空手の稽古の日は、稽古の開始時間、会社から道場への移動時間を逆算して、仕事のスケジュールを組みます。
今日はマニアックなブログになってしまいますが、空手のお話をしたいと思います。
武道(空手)稽古を毎回繰り返していると、ごくたまに「当たり」(出来る様になりたい技や、そのきっかけとなる動作・呼吸)が出たり
上手くいかない「葛藤」感情が出てきたり、
先輩が後輩に対して「優しさ」を目撃したりと
色々な出来事があります。
稽古では基本・移動・型・組手と毎回繰り返し繰り返し何度も鍛練します。
基本・移動・型稽古は相手と接触するのではなく空突き空蹴りで相手はいません。
これは相手を仮想し稽古する目的もありますが、自分の心を「外」へと向けるのではなく
「内」に意識する意味もあります。
自分の身体の中で「何」が起きているのか?
と自分自身をレントゲン(内観)をかけ細部まで意識を向けながら、自分自身が自分自身をはたしてコントロールできているか?
そんな自分を疑うのではなく、確認しながら、仮説を練り直しながら稽古していくとたまに
「当たり」が奥ゆかしく顔を出します。
「あっ!出来た。」
もう一度「会いたい」と頑張ると何故か出来ません…
「あれ?何で?さっきまでできたのに・・・」
思春期の男女関係のように悩みます。
そんな謎解きを繰り返していくと「打率」が上がります。
たまたま当たったのが
時々当たるようになり
だんだん思ったように当たるようになります。
そして確信に迫っていきます。
稽古を通して実体験で「出来る前の思考の浅さ」、出来るようになった後の
「実体験からの思考の深さ」を思い知らされます…
稽古は紙ベースの学習や記憶ベースの
「分かった」とは違う世界です。
仕事も同じだと思います。
お客様と体当たりでぶつかる我々営業に、完璧なマニュアルは無いと思います。
失敗を恐れず
繰り返し、諦めず、悩みながらでも前に進むことを止めない。
そんな日本の先人が残してくれた暗号を
毎回空手の稽古を通し
ヘタな自分と折り合いをつけながら謎解きをしています。
さらに稽古を積んで仕事も空手も結果を出していきたいと思っています。
営業部K・A

お気軽にご相談
お問合わせください

0334346451

0334346451

受付時間:平日9~17時

メールでお問い合わせ
  • スタッフブログ Staff Blog
ページトップへ