ホーム > スタッフブログ > ★ オフィスセキュリティ ★

スタッフブログ

staff_blog

★ オフィスセキュリティ ★

 今年は辰年という事で、私自身も辰の如く昇りに昇る飛躍の年にしたいと思います。
 さて、私の今回のブログテーマは「セキュリティ」です。あまりにも幅広い為、オフィスセキュリティに絞って書いてみたいと思います。


 情報漏洩や事務所荒らしの不法侵入など、近年もオフィスを狙った犯罪は以前減少していません。
警察庁の統計ですと、侵入窃盗の1位が戸建住宅、2位マンション、3位に事務所となっており、商店や銀行等を抜いて事務所の侵入窃盗が全体の13.5%となっております。
では何故事務所がこんなにも狙われるのか?以下が逮捕された窃盗犯から聴取した理由だそうです。
・テナントビルの場合、人の出入りが比較的自由な為、正面から堂々と入ることができる。
・一度ビルに入ると複数の事務所を一度に狙う事ができる。
・大金は無くても、ノートPC等があり、中古市場やネットオークションで換金できる。
・PC内の個人情報等のデータを販売することができる。
・新商品情報など、企業機密情報を狙える。
・ビジネス街等は夜間無人になる為、大型の破損機器を使用して音が出てもあまり不審に思われない。
といった内容です。
特に機密書類等は、単にモノが盗まれた被害だけにとどまらず、「個人情報漏洩」として大々的にメディアに取り上げられ、お詫びはもとより高額な損害賠償問題に発展しかねません。
また夜間等は、事務所入口にセキュリティがない場合、簡単に侵入可能なことから、例え残業で人が残っていても、1人2人の人数であれば、脅迫して押し入る事もあるそうです。
こうなると被害は金額では換えられない程大きくなってしまいます。
では、オフィスのセキュリティはどのようにしたら良いのか?
大きく分けて3つあります。
①映像管理
②入退室管理
③機密書類管理
① の映像管理は、いわゆる監視カメラというやつです。
事務所内ではサーバー室などに設置されている企業様も多いです。
② の入退室管理は、特定の場所(入口エントランス、サーバー室、社長室等)にICカード認証や、最近流行の指紋、静脈、顔識別等のバイオメトリクス認証がこれに当ります。
この入退室管理は犯罪者が嫌がるセキュリティの一つです。
事務所の入口の鍵は勿論の事、室内に別の侵入防止措置がとられていると、侵入への大幅な時間ロスになる為、犯罪者は敬遠するそうです。
また、止むを得ない深夜の孤独な残業では二重にセキュリティをかける事で、安心して業務に取り組めます。
③ は機密書類の外部倉庫保管、書類未開封溶解処理、データ未開封破砕処理、シュレッダーに変わるセキュリティBOX(廃棄BOX)がおおまかな所です。
 
 映像も入退室も弊社で得意とする分野ですが、機密書類保管は弊社の一番の得意分野です。
 弊社では「スペースコストマネジメント」のノウハウを生かし、事務所に保管して置く必要のない機密書類を弊社の倉庫でお預かりし、移転や大規模なレイアウト改修でコストをかけることなく、今あるスペースで効率よくお仕事が出来るよう、ご提案・ご協力させて頂いております。
 これから年度末を迎える皆様も、昨年末で一通り整理はしたという皆様も、「セキュリティ」という観点から、もう一度点検してみてはいかがでしょうか?
ご相談、ご提案は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
営業部A

お気軽にご相談
お問合わせください

0334346451

0334346451

受付時間:平日9~17時

メールでお問い合わせ
  • スタッフブログ Staff Blog
ページトップへ