ホーム > スタッフブログ > 「溶解処理について」

スタッフブログ

staff_blog

「溶解処理について」

 早いもので、2013年も2月の後半を迎えようとしています。
暦のうえでは春ですが、まだまだ寒い日が続き、インフルエンザの患者数も増加しているようなので、手洗い・うがいを忘れずに!!
今回ブログを担当させて頂くのは、厄年・年女・川崎センターのTです。


 川崎センターでは、文書保管と関連して、廃棄処理も行っています。
保管していた箱の廃棄は勿論、保管していなくても、廃棄物の引取りから溶解処理まで、責任を持って作業させて頂きます。
弊社のeco☆ぽすと(鍵付きの専用BOX)を設置して頂きますと、定期的に回収・溶解処理を行います。
ホチキスやクリップがついたままでもOK、保存箱を開封せず、そのまま溶解するので、機密情報が漏れる事はありません。
溶解処理後は、ダンボールの中材やトイレットペーパーなどにリサイクルされます。
汗・水流して作成した図面や資料、お客様の個人情報など、大切な書類達が期限をすぎたからといってゴミになるのではなく、形を変え、再利用される事は、とても素敵な事だと思いませんか?
 私の住んでいる地域でも、ミックスペーパーという分別を行っています。
お菓子の箱、チラシ、パンフレット、写真など普通ゴミから分別した物は、トイレットペーパーにリサイクルされるそうです。
回収日が週1回なので、ゴミ箱を増やしたり、分別も時間がかかったりと、正直言って、面倒だと思う事も多々あります。
ですが、仕事同様、大切なお客様の書類を再生しているように、家庭で出る紙も再生してあげなければ!!と思うと分別にも気合いが入ります。
 大切な書類の保管や廃棄処理なら、OMSの川崎センターへおまかせ下さい。
川崎センター Y.T

お気軽にご相談
お問合わせください

0334346451

0334346451

受付時間:平日9~17時

メールでお問い合わせ
  • スタッフブログ Staff Blog
ページトップへ