ホーム > スタッフブログ > 出戻りくんのひとりごと

スタッフブログ

staff_blog

出戻りくんのひとりごと

データストレージ(文書保管)担当のA.Tです。
立場上、文書管理のPRをしないと各方面からお叱りをうけるので少しだけ。
内部統制、個人情報保護、情報セキュリティ、機密保持と情報公開・・・企業に課せられる義務は年々増え続けています。(これでもかというくらい増えていきますよね)
それらを効率よくきちんと実現するために文書管理は不可欠であり、その有効な手段としてレコードマネジメントやファイリングシステムがあります。
詳しくはこちらhttp://www.oms-gp.co.jp/data_storage/index.html


さて、今回は私的なお話を。
タイトルにもある通り、実は私、出戻りくん※です。(※流行語大賞ねらってます)
2005年の5月に再入社して3年が経ちました。
以前7年間在籍していましたので、累積では10年OMSに勤務したことになります。
1998年、齢29、家出少年なみの身勝手な理由でOMSを飛び出しました。
以後OMSとはまったく異なる業種(製造業)を3社経験、この間を「空白の7年間」あらため「修行期間」と呼ぶことにします。
最初の修行は自動車内装部品のメーカー。生産管理を経験しました。
自動車メーカーの生産ラインに樹脂製品を供給する仕事で、「未納は御法度、不良は厳禁」というお題を入社直後から叩き込まれます。
「○日間ラインを止めたら、賠償額は○億円!」
出元の定かではない戦場伝説?が囁かれてもいました。
この仕事、新型車の量産がスタートする時期は大騒ぎになります。
市場競争が激化、開発期間は短縮され、設計変更が次から次へ押し寄せてくる。
最初のうちは「また設変?」なんて煙草ふかしたりしてるんですが、そのうち「おいおい、間に合わないよ」顔色が変わってきます。
まず金型改修の時間がない。急いで製品の作り込み(かなり多目に)をして金型を改修に回す。時間がかかる場合は暫定のアルミ型を作ることもありました。
作り込んだ製品は別の小さな工場に運び込みます。変更のあった部位を加工するためです。
ほとんど手作業みたいなもので、時間はかかるしそこに輪をかけて納期がない。
ひたすら拝み倒して徹夜で加工してもらうこともありました。
どうにかこうにかつないで完成した製品ですが、今度は納入が間に合わない。
ワゴン車で加工場まで製品を取りに行き、そのまま納品にいく「自分便」しかありません。
もっとも移動時間は自分の時間ともいえるので、チョット楽しい時間。カーラジオから宇多田ヒカルのAutomaticなんかがよく流れていた頃です。
やっとの思いで製品を納入、金型改修の目処もついて「今日は定時だ。久々に飲みに行こうかぁ」。なんて緩めていると「不良発生!直ちに検品部隊を編成、現場へ急行せよ!」。
俺、何か悪いことしたぁ?そう思いたくなるほど激しく、優しさの欠片もなくエマージェンシーコールはやってきます。咥えていた煙草をもみ消し、大急ぎで出撃態勢を整える。営業、生産管理、品質管理のスタッフに加え、資材部や工場の方も動員、即席の連合検品隊が編成されます。移動車両の確保に奔走する者。関係各所に電話をかけまくる者。晩ごはんいらないからと新妻に電話する者。泊まり込みを予測、替えのパンツと財布の中身を心配する者。慌ただしくも勇ましく現地検品に飛び出して行くのです。そのまま泊まり込み、翌日も引き続き検品ということも、さして珍しいことではありませんでした。
作業色の強い仕事だけではなく、顧客との交渉、打ち合わせもありました。
・購買部門との価格交渉=営業と協力して(総務担当の方と同じで海千山千、手強いんです)
・生産管理部門とは納入に関する詳細打合せ(会社は違えど立場は同じ。融通きくこと多い)
・「妥協しませんよ」の品質管理部門と検査基準の詰め(当然不良品を憎んでいる方が多い)
もともと技術もわからず業界知識もない、ましてや最終学歴が那須自動車学校卒(しかも合宿)の私です。とにかく自分から動くしかありませんでした。
というより、新人だから、教わってない、こんな仕事をするなんて聞いていない、誰それの責任だから自分は関係ない、なんてことを優先してはいられない。
「やるしかない」わけです。善し悪しは別として、時には組織や部門を飛び越えて自分から動く人が多い会社でもありました。
だったら何故辞めたのかって?
次の修行が待っていると思ったからです。
お世話になった他の2社でもそれぞれ貴重な修行をさせていただきました。
7年間の修行で、肌で学べたこと。
逃げずに自分から動きだせば、周りの人が教えてくれたり、支えてくれるということ。
工場、生産現場の方、社内の仲間、顧客担当者しかり。製造業というモノ作りの修行ではありましたが、そこには確かに「ヒト作り」が存在していました。
なんだか私の職務経歴書のようになってしまいましたので、話を現在に。
今、OMSには数名の出戻りくんがいます。
私が再入社第一号なので、栄えあるパイオニアとしての地位を確立すべく「出戻り会会長」を名乗っています。
結束も拘束力も上納金制度もなく、そもそもそんな秘密結社は存在しないとか言われていますが、それぞれが色々な修行をして、それでも「OMSがいい」と戻ってきました。
もちろん長年OMSに在職し、頑張り続けているプロパーの仲間もいるし、有望な若手や期待の新人もいます。

そこに出戻り会が加わり化学反応?が起こる。
OMSはどんどんおもしろい会社に変化していく。
そんな予感がしています。
ご期待下さい。
あまりエラそうなことを吹いていると修行に出される?
ご心配には及びません。
その時はパイオニアからレジェンドへ、再々入社を目指すのみです。
0805a.tanaka.JPG

A.T(営業2部)

お気軽にご相談
お問合わせください

0334346451

0334346451

受付時間:平日9~17時

メールでお問い合わせ
  • スタッフブログ Staff Blog
ページトップへ