ホーム > スタッフブログ > 「オフィスマネジメントシステムのeco☆ぽすと」

スタッフブログ

staff_blog

「オフィスマネジメントシステムのeco☆ぽすと」

 皆さんの会社では書類の廃棄はどうされていますか?いきなりまじめな質問から始まります今回のブログですが、お題は書類の廃棄についてです。


以前私が勤めていた会社では数ヶ月に一度事務の方が夜遅くまで残業をして行なうシュレッダーデーと言う日がありました。
これは数ヶ月間足元に貯めた書類を纏めてシュレッダーにかける為です。
日々大量に発生する様々な紙ゴミ。シュレッダーをかけるにはホッチキスやクリップを外さなくてはいけないし、分厚い書類は機械が根詰まりをおこしてしまうので少量で投入、
しかもバラバラになった紙ゴミはすぐに一杯になってしまいかさばる。
さらに私のような慣れない人間がやると床にバラバラと紙を撒き散らし二度手間三度手間に、ついつい主業務ではないシュレッダー処理は後回しにて足元へ・・・
忙しい日々の業務の中、事務の方が夜遅くまで残業をしてシュレッダーをかけていた事を思い出します。
実はこう言った会社ってたくさんあるのではないでしょうか。
この問題を解決する方法が当社のeco☆ぽすとです。

1224-2.JPG ※写真は試作機です。改良のため、予告無く仕様を変更する事がございます。

当社では書類の機密性を守りながらリサイクルが可能かを考え、未開封溶解方式のeco☆ぽすとをご提案しています。
OMSのeco☆ぽすととは、オフィス内に鍵付きのスチール製ボックスを設置します、ボックス上部に投入口が空いているのでここに書類を入れます、ボックスの中にはダンボールが設置してありこの中に書類が溜まっていく仕組みです。ダンボール回収のご指示を頂ければ翌日弊社スタッフがeco☆ぽすとの鍵を持って中身のダンボールを回収に伺います。
当然、回収後は溶解処理され溶解証明書を発行致します。
今この機密書類廃棄のニーズが非常に高まっています。
分厚い書類、サイズの大きな図面、クリップ・ホッチキスがついたままの書類も投入OK、シュレッダーをかける手間と時間が省け一石二鳥なOMSのeco☆ぽすと。
一般的にシュレッダーで発生した紙ゴミのほとんどは一般ゴミとして回収され焼却処理されています、リサイクルも可能なのですが溶解処理をしても紙繊維を細かく切っているため歩留り【「ぶどまり」意味:原料の使用量に対する、製造品の量の比率】が悪くリサイクル効率が悪いのが実態です。弊社のeco☆ぽすとは溶解後ダンボールの中材として再利用され、リサイクル率99%を達成しております。まさにecoなポストなのです。
夜遅くまでシュレッダー残業をしている方はいらっしゃいませんか?
シュレッダーにかかる手間や時間を考えるといかに高い人件費を払っているのかがわかります。しかも、足元に書類を貯める事で発生する情報漏えいのリスクも心配です。
リサイクルもできて個人情報の保護も万全、人件費も削減できるOMSのeco☆ぽすと。是非ご検討してみてはいかがでしょうか。

1224-1.JPG 1224-3.JPG
◎2009年1月下旬リリース予定。

営業2部 S.O

お気軽にご相談
お問合わせください

0334346451

0334346451

受付時間:平日9~17時

メールでお問い合わせ
  • スタッフブログ Staff Blog
ページトップへ