ホーム > スタッフブログ > スペースコスト

スタッフブログ

staff_blog

スペースコスト

100年に一度の大不況!未だ回復の兆しが見えてきませんね。
私の何人かいる友人の会社も例外ではなく、事業見直しによる業務の縮小を余儀なくされています。
共通しているのは、固定費の削減に頭を悩ませているということ。
なんでも英国の世界49カ国を対象にしたオフィスコスト調査では、東京の1人あたりのオフィスコストは
世界一高い!とか。


その中でも“事務所賃借料”のインパクトが一番大きい!!
とにかく私たちの給料を確保するために1円でも安くしたいですよね。
でも・・・「今、引越しするための予算なんてない!」
たしかにまとまった費用がかかるし、会社にとってはリスクになりますからね。
でも、引越ししなくてもオフィスコストを下げることができるんですよ。
今、オフィスデザイン会社や家具メーカーさんは、こぞって「オフィスコスト削減セミナー」なる
ものをやってます。私も、いくつかのセミナーに参加して見ましたが、確かに年間で何百万円もの
コスト削減ができるようです。
そこで、皆さんにオフィスコスト削減のヒントを教えます!
まず、資金にある程度余裕がある場合、
やはり、
●安い家賃のところへオフィス移転する!
 “拠点統廃合”で移転するケースです。
 今、東京では比較的築年数の低いテナントが募集をしているビルがたくさんあって、
 「入居3ヶ月は家賃タダ」とか「値引き交渉へも前向きに検討する」など、かなり
 ”借り手優位”と言われてます。今がチャンスと考えている企業も多いようです。
移転はしない場合、
●組織のあり方を見直して、オフィススペースを削減する!
 組織見直しの機会があれば、スペース削減で無駄な賃料を減らすことができます。  
 その場合、普段在席率の低い「営業スペース」が大幅な削減の対象になります。
 一人ひとりの固定席は辞めて、大きなテーブルを購入しそこに複数の営業が座るという
 フリーアドレスデスクの導入です。
 毎年の組織変更に伴うレイアウト変更の必要もなくなるので、ランニングコストの削減
 も期待できますね。

topics48.JPG
(例)フリーアドレスデスク  

●紙文書の3R(リユース、リデュース、リサイクル)でオフィススペースを削減する! 
 意外と行われていないのが文書マネジメント。今使用している文書を1年後に使用する
 のは「1%」しかないと言われます。法律で保管年数が決まっている文書は、外部倉庫
 に預けてしまうのが良いです。100名程度のオフィスで、文書を外部倉庫へ預けただけで、
 年間500万円もコストが削減できるという報告もあります。預けた書類の廃棄も安全に
 溶解処理してくれるので、情報セキュリティの観点からも安心ですね。
オフィススペースを見直しする際に注意しなくてはならないことは、むやみやたらと
コスト削減をしてしまうと、社員のモチベーション低下を招くということです。
最後に、極力お金をかけずに最低限の社員満足度を確保したい場合、
●新規家具を購入せず、中古家具を購入する!
 最近は中古家具でも、比較的デザインが良く性能も兼ね備えた有名メーカーのものも
 安く手に入れられます。クリーニングもされて綺麗なので問題ありません。
●既存家具をクリーニングする!
 長い間使っていると手垢で汚れたり、イスはダニが沸いて座るのもイヤになります。
 そのときは、クリーニングしてみましょう。
 1脚1,500円も出せば綺麗になります。お得なキャンペーン情報も要チェックです!
以上のとおり、大なり小なり工夫を凝らせばいくらでもコスト削減はできます。
総務の皆さん、これらをご参考に一度検討してみてはいかがでしょうか。
A.N(営業1部)

お気軽にご相談
お問合わせください

0334346451

0334346451

受付時間:平日9~17時

メールでお問い合わせ
  • スタッフブログ Staff Blog
ページトップへ