ホーム > スタッフブログ > 色彩のミラクル

スタッフブログ

staff_blog

色彩のミラクル

最近の私はけっこう勉強家なのである。
本来が真面目な私は多少の勉強家であるのはあたりまえといえばあったりまえなのだが、なにせ、興味のあることだけに顔を出す真面目さだから勉強心も久々の登場。われながら喜ばしいことだ。
そして、目下私の興味は仕事!!と言いたいところだがそれは置いといて、実はカラー(色彩)に興味津々なのである。


思えば10年前に通っていたスポーツジムのおまけに「自分にあう色見つけてみませんか?パーソナルカラー診断セミナー」とやらに参加したことが私のカラーへの興味の始まりだったのかもしれない。といってもそれから10年も経ち、いまさら?ともお思いになるかもしれませんがそこで登場するのがOMSなのであります。
OMSでデザインという仕事に携わり、忘れかけていたカラーへの感興の念が頭の隅っこの方からむくむくと顔を出し始め、ついには私を勉強家にしてしまったのです!
なぁ~んて言うとすっごく勉強してるみたいなのでおおげさ発言はこのへんにしておこう。
 とにかく、カラーは結構面白いものだった。

0125005.JPG ステキでしょ♪♪♪

 ■カラーの先生の体験談■
ペルシャに観光旅行に行ったときのこと。
ペルシャといえば絨毯。ということでさっそくツアーでペルシャ絨毯を買いに行ったそうな・・・
欲しかったのは「赤」の絨毯。「赤い絨毯を見せてください」
なのに店員はひたすら「緑」の絨毯を見せてくる。めくってもめくっても出てくるのは「緑」の絨毯。
(もしかして私のペルシャ語が下手だった?)すると最後のほうでやっと「赤」の絨毯が!
「とっても鮮やかできれいな赤色の絨毯!それ買います!」
しかし日本に帰って改めて見てみれば、なんともくすんだ赤の安っぽい絨毯ではあるまいか。。。
さてさて、これこそがカラーが起こすミラクルなのであります。
ちょっぴり難しい話ですが、「色」は目に入った光が網膜を刺激してはじめて「色」として知覚させます。
そして同じ色をずっと見続けると、網膜が受けたその刺激を弱めようと、その色の刺激に対する反応を鈍らせます。その結果、その色とは反対の色に反応する神経が活発化します。
つまり、「緑色」のペルシャ絨毯をずっと見続けることで、「緑」に対する刺激が弱まり、反対色である「赤」に反応する神経が活発化したことで、実際はくすんでいた「赤」を「鮮やかな赤」に感じてしまったというわけです。 恐るべし!カラーのミラクルパワー!! & ペルシャ人の商売魂!!
ね、面白い。やっぱりカラーっておもしろ~~い♪
こんなふうに人の心理にまで影響するカラー。やっぱり10年前に感じた私の興味心が今も健在するのも無理はないってものだ。皆さんもしらずしらずのうちにカラーの持つミラクルパワーにだまされていること、あるかもしれませんよ。 事実!最近の私はスーパーやデパートに行くと、忍者のような身のこなしで目を光らせ、隠されているカラートリックを結構発見しているのだ。ニンニン
 そんなかんなで、しばらくは私の勉強家精神もつづくであろう・・・
次回は身体をはったカラーレポート、楽しみにしていてくれたまえ! ばさら!!
Y.K(デザイン室)

お気軽にご相談
お問合わせください

0334346451

0334346451

受付時間:平日9~17時

メールでお問い合わせ
  • スタッフブログ Staff Blog
ページトップへ